転職サイトおすすめ紹介|転職者の口コミと評判も公開

*

af9980011550l

1.転職市場の傾向

 厚生労働省が全国の有効求人倍率(季節調整値)を発表しました。
 有効求人倍率は1.05倍で、前月と比べると0.01ポイント上昇しており、15カ月連続で改善しています。
 一方、総務省が発表した労働力調査によると、完全失業率は3.6%で、前月比0.1ポイントとなっています。
 こうしたデータに裏打ちされるように、転職市場は活況です。
 
 また、これまで20代から30代前半の人気が高かった転職市場にも変化の兆しがみられ、今後は40代・50代のミドル世代の求人がアップすることが予想されています。
 景気回復の兆しが見えたいまこそ、転職におすすめな時期だといえるでしょう。

2.年代別に見る転職者の強みとは

 転職希望者の強みは、年代によって異なります。

 20代であれば、若さと体力、そして企業のカラーに染まりやすい柔軟性、将来へつながるポテンシャルを秘めていることが、大きな強みになります。
 キャリアや専門スキルが足りない分は意欲で補う!といった、やる気がふつふつとわいているタイプが、転職しやすい傾向にあるようです。
 
 30代になると、業界や職種に直結する専門スキルを持っており、即戦力として活躍できることが、最大の強みです。
 上司の指示を待たなくても、自分で考え、行動できることをアピールできれば、採用の可能性が高まる年代です。

 40代以降のミドル世代の強みとしては、企業が必要とするピンポイントの専門スキルだけでなく、業界内の人的ネットワークが構築されていること、部下の指導・育成にあたるマネジメントスキルも習得していることがあげられます。
 「調整力」「人間関係力」「交渉力」を有し、個人としては短期的に、組織作りを行うことで長期的に、企業に利益貢献できるところが、求人数がアップする理由となっているようです。

3.企業が中途採用者に求めるスキル

 景気回復の兆しを受けて、企業は将来への投資として、海外進出や市場の活性化、新規事業の立ち上げを始めています。
 そうした時代に企業が中途採用者に求めるヒューマンスキルについて、「DODA」が調査を行った結果を見てみると、一番求められるのが「積極性」、そして「柔軟性」「外向性」と続くことがわかりました。

 ここ20年の不景気で、日本経済が縮小傾向にあり、国際競争力も低下しているという現状があります。
 こうした事態を打開するためには、与えられた仕事を行うのではなく、目標達成のために、個人で組織で何をすべきかを自ら考え、周囲を巻き込みながら実行できる「積極性」が不可欠です。
 また、消費者マーケットの変化が著しい昨今、業績を維持するには、これまでのスタイルに固執することなく、状況に応じて思考や行動を変えられる「柔軟性」がより求められます。
 さらに、国内市場が飽和状態の業界は、グローバル展開や多領域への進出を視野に入れなければ存続できません。
 視点を外に向けて、新たなビジネスチャンスを見つけられる「外向性」は、企業にとって魅力的なスキルなのです。

 こうしたスキルを持っていることを、過去の具体例とともにアピールできれば、採用の可能性は格段にアップします。
 しっかりキャリアの棚卸をし、自己分析を重ねて、自分なりのアピール方法を探しましょう。
 
 

4.転職サイトがおすすめな理由

 かつてはハローワークや求人情報誌、新聞の求人欄などに出稿していた企業も、そのほとんどの情報を転職サイトに提供するようになっています。
 その理由は、優秀な人材ほど在職中に転職活動を行う傾向が強く、さらに企業が登録者の経歴を閲覧できることで、自らスカウトできるしくみができあがっているからです。
 希望の条件に合った求人を探す意味でも、自分をスカウトしてくれる企業と出会うためにも、転職サイトには一つでも多く登録しましょう。

 また、近年の転職サイトは、得意分野が細分化する傾向にあります。 
 全国的な求人情報を扱うところ、特定の業界や職種の情報収集に長けているところ、ハイクラスやエグゼクティブなどミドル世代を対象にしたサービスを提供するものなど、自分の年齢に合わせたチョイスをすれば、より効率的に応募可能な情報にアクセスできます。
 職務経歴書の作成ツールや、年代別の転職ノウハウを無料で提供してくれるのも、転職サイトをおすすめする理由となります。
 業界別の転職市場動向などのデータも、定期的に更新されていますので、時期を見ながら転職活動を進めるのもよいかもしれません。

5.転職のチャンスを逃さないために

 ミドル世代に注目が集まる昨今の転職市場は、活発でとてもスピーディーになっており、求人情報をアップして2~3日で採用が決まるケースも、少なくありません。
 時流の波にのり、キャリアアップできる転職を果たすためには、いかに早く求人情報をキャッチできるかにかかっています。
 魅力的な求人が見つかったときに困らないためにも、応募を始める前に必ず、自分のキャリアの見直しと自己分析、そして将来のキャリア設計を明確にしてください。
 その際、自分の強みを紹介するための具体例と、今後自分がビジネスマンとして目指すべき姿についても、しっかり検討しておく必要があります。
 求人数はアップしても、そのすべてが優良な求人とは限りません。
 また、あなたにとって魅力的な求人には、応募者が殺到するのが常です。
 意欲と将来性だけで採用してもらえるほど、日本の企業には余裕がありません。
 自ら学び、成長しようとする意志と、企業のニーズに対応できるスキルをきちんとプレゼンし、採用担当者の心をつかむのが肝要です。
 採用は、企業にとって投資です。その投資を回収できると判断されれば、あなたは採用されます。
 プレゼン対策もしっかり練って、応募に臨んでください。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
大手リクルートが運営しているから安心して利用できます。登録も完全無料!

公開日:
最終更新日:2015/04/30