転職サイトおすすめ紹介|転職者の口コミと評判も公開

*

転職で失敗したと思ってしまったら

      2016/01/19

まず失敗の原因について考えてみよう

 自分の将来を考えて転職したものの、入社後に「失敗した…」と感じるひとがいるのが現実です。

 もし、あなたが自分の転職は失敗だったと思っているなら、まず、その原因について、徹底的に考えてみてください。入社した会社がブラック企業だった場合、あなたの事前リサーチが足りなかったのかもしれません。求人票や面接時に聞いていた勤務条件や業務内容と、入社後の処遇が異なっているなら、その点については率直に会社に質問した方が早いです。

 また、業務内容に魅力を感じて入社したものの、職場環境や人間関係が劣悪というケースもあるでしょう。そうした原因を洗い出し、それを改善するためにはどうしたらよいかを、自分なりに考えてみるのです。

 そのうえで、まず会社側と話し合うことから始めてください。

将来を考えて対処法を決めよう

 自分が働き続けるうえで問題に感じていることを、会社側と話し合い、改善を約束してくれたなら、まずはその会社で働き続けることを検討することをおすすめします。というのも、短期間で転職をくり返すことで、書類選考に通過しにくくなるという現実があるからです。

 短期間での離職は、「自社への定着率も低いだろう」という先入観を、選考する企業側に与えてしまいます。勤務先に改善の意思がなかったり、自分のキャリアにつながらないと判断した場合は、試用期間中に退職する方が、ダメージが少なくて済みます。

 とはいえ、会社側と話し合い、改善の見込みがなかったという、行動の履歴をつくっておくことは、次の転職活動の際に役立つので、絶対に避けてはいけません。リスクを承知で再転職活動を行うなら、用意周到に事を進めてください。

【関連記事】
転職希望者なら円満退職を目指そう!
転職希望者に必要な退社手続きについて
転職希望者なら入社手続きの流れについて知っておこう!
退職時の有給消化をアリの立場とナシの立場から考える

 - 退職・入社

  関連記事

転職希望者なら円満退職を目指そう!

「円満退職」の意義とは?!  “辞めたら縁が切れてしまうから円満退職なんてできな …

退職時の有給消化をアリの立場とナシの立場から考える

有給消化がアリである根拠  立場が異なれば見解も異なるもの。ということで、ここで …

転職希望者なら入社手続きの流れについて知っておこう!

転職先に提出をする書類を準備しましょう  企業は新しく人を雇ったら、法の定める基 …

転職希望者に必要な退社手続きについて

内定受諾の注意点とは?  内定通知をもらって、第一志望の会社であればそのまま受け …