転職サイトおすすめ紹介|転職者の口コミと評判も公開

*

退職時の有給消化をアリの立場とナシの立場から考える

   

有給消化がアリである根拠

 立場が異なれば見解も異なるもの。ということで、ここでは退職時の有給消化について、正反対の立場の見解を考えてみたいと思います。

 退職する時に有給休暇を消化する、これがアリだという人の根拠は、「その権利が法律で認められているから」というものでしょう。確かにそう。労働基準法で有給消化の権利が認められており、これは企業側も拒否したり無視することができないわけですから、会社に在籍している内は、その直後に退職することになっていたとしても、有給休暇を消化することができるのです。

 これ以上の根拠はありませんし、働いている人は堂々とこの権利を行使しても構わないはずです。

有給消化がナシであるという人の意見

 一方で、退職時に有給休暇を消化するのはナシであるという人もまだまだ一定の数いるようです。

 その人たちの意見としては、「辞めるのに有給休暇を取得するのは道義上どうなのだろうか」というものではないでしょうか。つまり、法律云々ではなく、社会人としてその辞め方には疑問があるという人が多いようです。

 これも無視できない意見でしょう。特に企業からすれば退職時の有給消化というのは決して喜ばしいものではありません。そこに感情的になってしまい、どうしても許すことができないと思ってしまう気持ちもしょうがないのでしょう。

自分の気持ちと周囲の状況を勘案して決断を

 退職する時に有給消化をするか否かは、結局は自分自身で決めるしかないのかもしれません。

 どうしても有給消化したいと思えばそれを断行すべき。法律で守られているわけですから、本来であれば誰にも文句を言われる筋合いはないはずです。しかし、そこには負の感情がつきまとうことも忘れてはいけないでしょう。

 有給消化したことで会社との関係や人間関係にヒビが入る可能性もあると考える必要があります。

 自分の気持ちと周囲の状況、これは退職後も含まれますが、そういったものを勘案し決断することだけは忘れてはいけないのかもしれません。

【関連記事】
転職希望者なら円満退職を目指そう!
転職希望者に必要な退社手続きについて
転職希望者なら入社手続きの流れについて知っておこう!
転職で失敗したと思ってしまったら

 - 退職・入社

  関連記事

転職で失敗したと思ってしまったら

まず失敗の原因について考えてみよう  自分の将来を考えて転職したものの、入社後に …

転職希望者に必要な退社手続きについて

内定受諾の注意点とは?  内定通知をもらって、第一志望の会社であればそのまま受け …

転職希望者なら入社手続きの流れについて知っておこう!

転職先に提出をする書類を準備しましょう  企業は新しく人を雇ったら、法の定める基 …

転職希望者なら円満退職を目指そう!

「円満退職」の意義とは?!  “辞めたら縁が切れてしまうから円満退職なんてできな …